cozyでの感染防止対策とお客様へのお願い

着なくなった服を部屋着やパジャマにする?

パジャマ整理収納

こんにちは。

皆さんは着なくなったTシャツをどうしてますか?
また、きちんとした「パジャマ」または「部屋着」はお持ちですか?

お洋服の整理収納サービス時にお客様から
「いらなくなったTシャツは捨てないでパジャマや部屋着にするから捨てないでとっておく」
「外着で着られなくなった服は家で着る」
とおっしゃる方が多いです。

あと、もっとお話ししていくと
「寝る時も、部屋着も一緒派」
「部屋着とパジャマは別派」などなど
部屋着問題で色々な方がいて、なかなか面白い話になっていきます。

実際、外では着れなくなった服でもまだまだ着れるし、活用していただく事をオススメしていますし、その方の好みとか生活スタイル、性格などあるので正解はありませんが、部屋着?パジャマ?問題で色々なご意見があり「本当はどうしたらいいの?」
というご質問がありましたので考えてみました。

外着から(捨てないで)部屋着とパジャマに降格するメリット

要らなくなった服を捨てずに活用できる

外で着れないと思った服(古くなったり、流行遅れの服)を本当に部屋着やパジャマとして活用しているなら、捨てる必要はありません。Tシャツなど、少し着用感が出て薄くなってきたものは着心地が良いし、ゴムが緩くなったスウェットなどをパジャマにするのも適しています。

きちんと活用できるから捨てる罪悪感がない

まだ着れる服を手放すのは、面倒だし、もったいないという気持ちで悩むものです。部屋着として活用できるならすぐに判断し区別できるので整理がスムーズに進みます。

パジャマや部屋着専用の服を買わずに済むから経済的

わざわざ新しくパジャマやルームウエアを買わなくて済むので節約になります。

部屋着に降格のデメリット

服が捨てられなくなる

今現在、部屋着やパジャマとして使っている服が充分あるのに、「部屋着にするから」という理由で先延ばしにすると、服が捨てられなくなります
「いつか部屋着として使える服」を抱え込んで先延ばしにしていると、いつか、その時手放せなかった服を「捨てようか、どうしようか」悩まなくてはいけない時が来るのです。
いずれはどこかで決断する時が来るので、あまり持ちすぎないように的確な判断が必要です。

クローゼットが片付かない原因になる

部屋着にする服が増えすぎてしまうと結局着ない服が出てきてしまいます。
部屋着にするパジャマにする雑巾にする・・・ 捨てないでどんどん抱え込んでしまうと負の連鎖に陥りクローゼットが片付かない原因になります。
単に捨てないで家着にするという考えだけではなく「どんな時に使って何枚あればいいか」という適正量をよく考えて残すことが大事になります。
残す枚数を明確にして、あとは処分するとスッキリ片付いたクローゼットを保つことができます。

私はいつも、今現在使用している部屋着やパジャマが、何着あるか数え、あと何枚あればいいか、ご自分のライフスタイルに合わせて適正量を決めることをおすすめしています。

パジャマ(部屋着)専用を用意するという考え

あえてお気に入りの家着やパジャマ「専用のモノを持つ」ことで整理をする時に「要らなくなったTシャツを家着にする」という考えをなくし、必要のない服はすぐに「手放す」と決断できます。

例えば、「寝る時専用のパジャマ」をきちんと選んで買うことで、古着のTシャツより気分も良いし、着心地も良いし、ぐっすり眠れるでしょう。何よりもお気に入りは大切に扱うので長持ちします。
また、家着やパジャマは家族にしか見られないので2着くらいあれば事足ります。「たくさん持つ必要がない」ということは衣類が増えることを防ぎ、逆に片付けの効果につながりますね。

「パジャマ・部屋着&近所用」兼用できるルームウエアをだけ持つ

いわゆる寝る時だけの「見るからにパジャマ」や家で着るだけの「ボロボロの服やキャラクターの Tシャツ」を持たずに兼用のルームウエアだけを持つことです。

部屋着もパジャマとして使ってしまえば、パジャマがいらなくなります。
例えば、外でも着れるような、スウエットの上下やジャージ、Tシャツ短パンなどで代用できます。
パジャマはリラックスして寝る時にはいいけど、突然宅急便が来た時や、万が一地震があったとき、そのまま逃げるのもちょっと不安です。
ちょこっとゴミ出しに行く時、コンビニに行く時は「着替えなくてはいけないからめんどう」と思う方にもおすすめです。

ユニクロなどのファストファッションブランドでは、ルームウエアとして安価で可愛い部屋着がたくさん揃っているので、兼用にされている方も増えています。

逆にオンオフをしっかり切り替えたいという方、「パジャマ、部屋着、外着を分ける」という方もたくさんいます。
考え方、ライフスタイルは人それぞれですので、ご自分の納得いく方法、理想の暮らしを視野に入れ、「どんな服をいくつ持つか」ということをしっかり考えていくことが大切です。

クローゼットの整理収納でお悩みなら、cozyの整理収納サービスへご依頼ください。
お客様のライフスタイルにあった“整理収納”をご提案させていただきます。

実際の作業の前には20〜30分ほどのヒアリング(無料)です。

整理収納アドバイザーにいきなりお家に来られることに抵抗があるという方の為に、片づけ相談や無料オンライン相談をご用意しております。