cozyでの感染防止対策とお客様へのお願い

梅雨直前!やっておきたい5つの家事

洗濯機のスペース 暮らし

そろそろジメジメ、ムシムシの梅雨がやってきます。
今やっておくことでで梅雨シーズンが楽になる
5つの家事をご紹介します。

梅雨に入ってから
「あー梅雨前にやっておけば良かった・・・」
とならないように対策をしておきましょう。

梅雨時期のストレスが軽減され
心の余裕が生まれることでしょう。

1エアコン掃除と試運転

エアコンのフィルターの掃除

梅雨時期に気温が高くなり、暑くて我慢できなくなってから
久しぶりにエアコンを入れると、なんだかイヤなニオイが!
という経験がありませんか?
しばらく使用していないエアコンは、ホコリや油で汚れています。
スイッチを入れる前にフィルターのお掃除をしておきましょう。
フィルターだけ掃除してもニオイが気になる場合は、内部までカビが生えている可能性があります。
ハウスクリーニングでエアコンを丸ごとお掃除してもらうことをオススメします。

試運転をしておく

今のうちにきちんと作動するかどうかの確認をしておく。
久しぶりにエアコンを入れたら、動かない!という例がよくあります。
エアコンを使用する気温になってからだと、エアコンの修理や購入が混み合っていますので、予約してすぐに来てはくれないことが多いです。
今のうちに試運転し不具合がないかチェックしておきましょう動作確認をして異常があれば修理しておいた方がいいでしょう。

大物類の洗濯と寝具のお手入れ

梅雨前はちょうど衣替え終盤、また羽毛布団をしまう時期ではないですか?
お天気の良い今のうちに、きれいにお洗濯してカラッと干して保管しておきましょう。汚れや汗がついたお布団や衣類をそのままにしておくと、梅雨の湿度でカビやダニの発生につながってしまいます。シーツや布団カバー、カーテン、ソファーカバー、ベッドマットやラグなどなど、大きいものや厚手のモノは洗いたいと思った時、雨続きだとなかなか乾かなくて気持ちが悪いもの。
例え洗っても湿った状態だと雑菌の繁殖が進みイヤなニオイの原因となってしまいます。
冬物衣類も同様、きれいに洗濯し、しっかり乾かしてから収納すると、虫食いやカビの心配が少なくなります。

お風呂掃除・除菌カビ対策 

浴室は最も湿気が多くカビが生えやすい場所。梅雨時期はカビが一度生えてしまうと増殖するまであっという間です。梅雨前にきれいに掃除しておくことで梅雨時期のカビの発生を抑えます。
特に天井のカビは取り除き、排水溝の中も掃除をしておきましょう。浴室は汚れ除去と乾燥が大事。お風呂から上がった後は周りを洗い流し、水分を拭き取り、換気扇をつけっぱなしにしておきます。

洗濯槽の掃除

洗濯機の中は湿気がこもりやすいので、残った汚れや洗剤を栄養にカビが発生しやすくなっています。洗濯後の衣類のニオイの原因につながります。梅雨の湿度が上がる前に一度、洗濯機掃除用の洗濯槽クリーナーなどを使って掃除&除菌しましょう。
洗濯機の蓋を閉めてしまうと湿気が中にこもってしまうので、常に蓋を開けっぱなしの状態にし乾燥させておきましょう。

冷蔵庫の掃除

梅雨入り前には冷蔵庫の中のモノを整理しておきましょう。梅雨シーズンは気温や湿度が上がり、ドアの開閉で外部からのカビが繁殖しやすい時期です。また、食品を詰め込みすぎると、冷気の流れが妨げられ、冷蔵庫内の温度が上がる原因になります。もう食べない食品や賞味期限切れの食品は意外と多いもの。梅雨前に一度整理して8割以下の収納を心がけましょう。モノを減らした後は、アルコール除菌スプレーで汚れを拭き取り、庫内を清潔に保つよう心がけましょう。

その他の場所、下駄箱、キッチン、クローゼット、トイレ、家中の湿気が溜まりやすい場所は掃除をして風通しよくしておきましょう。

梅雨シーズンはいつまで続くかわかりません。雨が毎日続く場合は家電を使って梅雨を凌ぎましょう。扇風機、エアコンの除湿機能、洗濯乾燥機、布団乾燥機、除湿機・・・便利な家電がたくさんあります。お持ちの方はとにかく家電を使って湿気対策をしましょう。

今のうちに対策をしておくと、梅雨時期に洗濯や掃除で苦労しなくてすみます。天気のいい日を見つけて、あらかじめカビの原因となるものは取り除いておきましょう。

そして梅雨時期に快適に過ごし、楽しい夏を迎えてください♪

整理収納アドバイザーの視点から一言!
梅雨シーズンは湿気との戦いになるので、ストックなどを減らし、整理してモノを詰め込まないように収納をすると風通しが良くなり、カビの発生を防げます。不要なモノを処分して一度リセットするのによい時期が梅雨前整理です!